住宅エコ

ポイントの仕組み

インテリア

住宅エコポイントと木材利用ポイント。これらのポイントをもらうとどのような良いことがあるのか、ここでは2つのポイントの仕組みと、これらがもたらすものについて取り上げます。

詳細を確認する

2つのエコ

ソファ

かつて住宅エコポイントの背景にあり、いま木材利用ポイントの背景にあるのは、エコロジーとエコノミーに関するそれぞれの問題でした。2つのポイントの背景を説明します。

詳細を確認する

地域の物を使うこと

芝と家

住宅エコポイントも、木材利用ポイントも、地域性を重要視するものです。例えば、木材利用ポイントが付くのは地域で生産された木材を使った木造住宅の建築やリフォームに対してです。

詳細を確認する

ポイント申請へ

一軒家

制度が終了した住宅エコポイントは、エコな家を建てても今では申請することが出来ません。が、木材利用ポイントは、一定以上の木材を使えば必ず申請できます。その方法について、取り上げましょう。

詳細を確認する

2つのポイント

自然

住宅エコポイント、木材利用ポイント。どちらも、「自然環境」とか「エコロジー」とか、その系統の言葉がイメージされるような用語です。
何しろ地球上のかぎりある資源は大切にしなければならないし、キレイな地球を次代に渡せるように、僕たちは努力しなければならないわけです。
その取り組みがちゃんと出来たら、住宅エコポイントをもらってご褒美をいただける、とこういう感じになっているわけです。

確かに、住宅エコポイントとは、2013年度いっぱい(2014年3月31日)をもって制度が終了するまでそういう感じのものでした。
環境に配慮した住宅を建てた人に対して、ご褒美をあげようというのが住宅エコポイント制度であったわけです。
ただ、木材利用ポイントは似て非なるもので、これはエコロジーと同時にエコノミーにも目を向けようというものでした。
つまり、木材利用ポイント制度によって環境に良い社会を作ること、そして経済的な問題点も解消することが期待されていたのです。

住宅エコポイントの今と、木材利用ポイントの成り立ちについて、別の記事で詳しく取り上げていきます。